« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月26日 (水)

ローラン・ボーニッシュ

Mari Laurent BORNICHEは、フランス、パリ・ヌイイ市に100年続く花 店“FLORENTIN”の4代目のフラワーアーティスト。

3/23までそごう千葉店で「花あふれる おもてなし」展があり、彼のブースは、アールヌーボーというのでしょうか。

石像や木、ガラスに布と植物がふんだんに使われ、リビングダイニングのメインテーブルが印象的だったのですが、注目したのは、普通なら庭にあるべきトピアリーです。とにかく庭のような部屋には、バラのアーチも欲しいくらいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月13日 (木)

BEAR

108754acassx パリの骨董屋・・・、花のアンティーク・・・、そんな雰囲気のフラワーショップ「BEAR」です。HPからやぶろぐBEAR_scapeで、florist Hideaki Kumasakaのひとり言が拝見できますよ。母の日の花のプレゼントの記事もエントリーされていました。

そろそろ、そういう時期・・・。GWも今月末からスタートですね!

パリといえば、フラワースクール「La Belle Ecole」が有名。短期留学もあり、フランス語が話せなくともOKなんですって。私がネット上で慕う方が、最近新しくブログを開設。そこから、このスクールの情報がわかります。
・・・たしなみ奏鳴曲・・・からどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

Alte-Rosen

108754juc7jf世界的有名デザイナー「Gregor Lersch」に師事、ディプロマ取得した、佐藤 由香里さんの主宰する、フラワースクール「アルテローゼン」ですが、「ROSE CAFE」から、アレンジメントをネットショッピングできます。

写真はウェディングギフト。かわいいでしょう。

3月22日~26日開催された、第4回 フロールエバープリザーブドフラワーコンテスト

佐藤さんの「キャンドルや雑貨とプリザーブドの魅力的なギフト」というデモストレーションもおこなわれたようです。実際に行かれたKさんからうかがったところ、コンテストのテーマは「5 Seasons」ということでした。

Kさんからのメールで、『部門が、春・夏・秋・冬・My Seasonの5つの季節に分かれています。My Seasonという「私の季節」は、誰でも特に感じいる季節がありますよね。ウェディング、悲しみのセレモニーなどもそう。喜・怒・哀・楽は、毎年のように押し寄せてきますが、後になって、その季節だった・・・と知ることがあります。あのとき、私は嬉しかった、或は悲しかったのだと・・・。』 

--そう、そうなんですよね、うん!--by mari

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »