« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

エミール・ガレ

Photo_11「我々の心から太陽を呼び起こし、燃える思いから暖かい大気を生みだすために/ボードレール」

1902年、フランス大統領がロシア皇帝に贈った、エミール・ガレの花器「時計草」ですが、銘文にあるのが、「我々の---」からはじまる、ボードレール『悪の華』のアレンジ。なんとトケイソウの花は、その形がキリストの磔刑を連想させることから受難のシンボルとされ、足台は、血と茨だとか・・・。このフランスとロシアの当時の関係も詳しく知りたいところです。

Bunkamuraで行われていた“エミール・ガレとドーム兄弟展”。27日まででしたが、行けなかった方は、BunkamuraのHPに、とても詳しくでています。第1章から第4章まで、作品と共にご覧くださいね。

さてこの時計草って、江戸時代から、時計に似ていることから呼ばれるようになったらしいですが、江戸の時計って、どんな時計?

こちらが槍時計ですが、ヨーロッパから伝来した1598年以前の日本最古の時計が機械時計で、主流は日時計や時香盤だったといいます。

ちなみに、トケイソウは、1720年に日本へ渡来したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

オールド・ノリタケ

アンティーク屋さんのオールドノリタケの香水瓶心斎橋そごうで、ヴィンテージのノリタケ、バカラの展示がありました。米子の天満屋では、8月29日(火)~9月4日(月)にオールド・ノリタケ展があります。

そごうでは、「山木美術」が展示販売をしていたようです。

オールド・ノリタケの陶器の絵画というべき「芸術品」なんですね。

名古屋のノリタケですから、「オールド・ノリタケ」のイベントは関西方面が充実しているようです。一度実物を見てみたいなぁ~と思っていたら、いつものアンティーク屋さんに、ありました。

「以前からありましたよ。」
そうでしたか・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年8月17日 (木)

ゴッホの薔薇

Van gogh vincent a vase of roses 1888年に、ゴッホが描いた「花瓶の薔薇」です。
背景色のグリーンが強いパターンもありますが、こちらを選んでみました。

ゴッホの贋作が、この8月に発見されたようです。ゴッホ自身の描き方にもムラがあったようですね。

それでも専門家たちまで騙せとおせた贋作画家は、一体誰なんだろうと思います。

ゴッホのひまわり(←ゴッホの三幅対があります。)が有名ですが、アイリスや芍薬、そして薔薇・野薔薇も描いています。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年8月 8日 (火)

酒井抱一 扇流水図屏風

酒井抱一 扇流水図屏風 こちら、酒井抱一のFans and Stream ですから「扇流水図屏風」です。1820-28年頃の作品らしく、Saint Louis Art Museum にあります。

右下の流水が、「夏秋草図屏風」の右上に描かれている雨雲を思い浮かべます。ちょっと涼んだ気分になりませんか。

暑い夏ですね。暑中お見舞い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年8月 4日 (金)

復活草 「ジェリコの薔薇」

ジェリコの薔薇さてこの植物は「旧約聖書」の「エリコのバラ(ジェリコの薔薇)」です。実は夾竹桃のなかでセイヨウキョウチクトウの種に含まれるらしいというお話もあります。枯れるとまるく、潤うと葉を開きます。

8月は、広島・長崎と原爆投下のあった月ですね。夾竹桃は、原爆の野原に最初に蘇った花なんです。

ジェリコの薔薇 このジェリコの薔薇は、古代東方で、永遠の生命,死からの復活を信仰する証として,棺や墓に投じられた野アザミとされてもいますが、学名を「Selaginella lepidophylla (Hook. et Grev.) Spring」といい、分類は、イワヒバ科イワヒバ属だそうです。

手毬片檜葉、復活草、ジェリコの薔薇とも云われている「Rose-of-Jericho」です。夾竹桃の強い生命力に、Rose-of-Jerichoの復活を譬えることができるでしょう。

今年で戦後60年を超えました。犠牲者の方々のご冥福を祈ります。
広島・長崎関連記事:XAI

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »