« 大正ロマン の 画家たち | トップページ | ミュシャ 「SALAH」 »

2006年9月15日 (金)

山名文夫さん 資生堂 モダンカラー

山名文夫さん 資生堂 モダンカラー粉白粉(1932)Blog Art de Vivre の KAFKAさんが、1930年代頃の、ラリックがデザインした香水瓶「ウォルト」を紹介していました。どちらも「中身」がそのまま。よく立ち寄らせていただくアンティーク屋さんに、探しにいったところ、資生堂の「禅」という練り香水はありました。

そこに、1932年、山名文夫さんがデザインした「粉白粉」が。数年前に レ プードリエ オン ドゥ セットで、レプリカが販売されていました。こちらの一品ですが、オリジナルのようです。売らないそうです。(値段がついても買えませんが。)

|

« 大正ロマン の 画家たち | トップページ | ミュシャ 「SALAH」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85904/3449010

この記事へのトラックバック一覧です: 山名文夫さん 資生堂 モダンカラー:

» フレグランスコレクション [Blog She’s Style]
私のフレグランスコレクションラリック ミニボトル 1930年代のラリックデザインのウォルト社香水、1932年の山名文夫さんデザインの、資生堂 白粉など、日本でいうと「大正時代」の代物に惹かれているご様子の記事を拝見。私も練香水などに興味を持っています。 比較的安価で揃えたミニボトルのコレクションですが、これもあと半世紀もすれば、珍しいものになるのでしょうか。 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 10時54分

» ウォルトのトワレ ジュ ルヴィアン ワース [Art de Vivre]
R. LALIQUE "Sans Adieu" perfume bottle for Worth, circa 1929 ウォルト社「では、またそのうちに」ルネ・ラリック作 皇帝ナポレオン3世の皇后ユージェニーのクチュリエとしても活躍した、オートクチュールの世界を開いたシャルル フレデリック ウォルト(1825年〜1895年)。この「WORTH ウォルト」の香水瓶は、あのルネ・ラリックがデザインしています。1... [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 12時19分

» 「至哉坤元 万物資生堂」 [Life Carrer Counseling]
大地の得はなんと素晴らしいものであろうか。すべてのものはここから生まれる。 デザイン詩人こと山名文夫が、資生堂のデザイナーという時代をすごした時期がありましたね。資生堂 椿 の誕生でした。 ご存知のホワイトローズナチュラルです。 山名文夫が資生堂....... [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 23時02分

» 大正浪漫 小村雪岱の香水瓶 [Noblesse Oblige]
“初秋を思はせる気品高き匂ひ、東洋の秘苑に薫る菊を偲ぶ香水。” 日本画家である小村雪岱の香水瓶。大正10年頃、資生堂に在籍していた雪岱。 大正7年には「梅の花」「藤の花」「谷間の姫百合」「匂い菫」「ジャスミン」「 ヘリオトロ-プ」など21種の香水。大正8...... [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 00時33分

» 資生堂お化粧を動画で仮想体験 [ネット丸トク情報]
資生堂が1月24日、化粧品の商品見本をかざしただけで、化粧をした時の自分の顔が画面に映し出されるシステムを開発したと発表しました。これはすごいですね。動画で表示されるため、口を開けたり、目をつぶったりした時の表情が確認できるそうです。この装...... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 14時57分

« 大正ロマン の 画家たち | トップページ | ミュシャ 「SALAH」 »