2006年10月28日 (土)

バラ ヴェルサイユ

Bal_a_versailles_by_jean_desprez_for_womバラ ヴェルサイユ という香水、皆さんご存知ですよね。

バラは薔薇ではなく、「Bal a Versailles」で、ベルサイユの舞踏会ということですが、はじめての時は、やはり「薔薇」と思っていました・・・。数年前に復刻したジャン・デプレの天然香料のみのオリジナル。

主人のボーナスから、お小遣いをはたいて買ったもので、一度も封を切っていません。高いといっても、1万と少しなのですが、ケース入りのパルファム(7.5ml)のものです。

ベルサイユつながりで、2005年に生誕250周年だったマリー・アントワネット。今年、記念のワインが、ベルサイユ宮殿から誕生したそうです。マリー・アントワネットのワインの記事はこちら

グラースで、調香師だったジャン・デプレは、1924年頃に、この「バラ ヴェルサイユ」をつくり、マリーネ・ディトリッヒをはじめ、世界中の賞賛を得ました。レアもの、1962年ものなどが、オークションに出回ることも。「ルイ十四世下の、栄華極まるベルサイユ宮殿に相応しい香り」から、「Bal a Versailles」とつけられました。マリー・アントワネットの時代の画家ジャン・オノレ・フラゴナールの絵からもインスピレーションを得たというわけです。

こちらの香水は、NAOさんの記事から、リンクされています。

マリー・アントワネット関連記事
映画 マリー・アントワネット
ルドゥーテのロサ・センティフォリア
100枚の花びらの薔薇 資生堂 ローズロワイヤル
マリー・アントワネットが愛したもの 肖像画16点を中心
香水 ジャン デプレ バラ ヴェルサイユ
薔薇 ロサ・センティフォリア
アントワネットのショコラ ドゥボーブ・エ・ガレ
ワイン マリー・アントワネット

| | コメント (0) | トラックバック (2)