2006年7月22日 (土)

四季草花図屏風

Flowers_of_the_four_seasonsバーク・コレクションについで、プライス・コレクションにも行って参りました。


日本の展覧会に出かけると、普段は忘れている日本美術に、しばらくは恋焦がれます。(笑) いまも海外では多くの方が、装飾として日本美術を取り入れていますよね。しかも、日本人の私が知らない作品を教えてくださったりするのです。

こちらは江戸時代の琳派の作者不詳とされているらしく、海外オークションに出品されているそうです。もとは金箔の地だったのでしょうか。白い大輪の花は、琳派の屏風や襖に多いですよね。

四季草花図屏風は、楓さんの「四季草花図屏風 Flowers and Grasses of the Four Seasons」が詳しく記事にしています。

| | コメント (3) | トラックバック (1)